1. HOME
  2. withコロナ
  3. 株式会社スパイスワークスホールディングス、「見える化」による安心・安全をサポートする『ソーシャルウォール』の販売開始
withコロナ

株式会社スパイスワークスホールディングス、「見える化」による安心・安全をサポートする『ソーシャルウォール』の販売開始

withコロナ

株式会社スパイスワークスホールディングスでは、お客様から「三密」を守りつつ「見える化」による安心・安全をサポートする『ソーシャルウォール』を5月20日から販売開始しました。そこで、「withコロナ」の新時代における企業内での変化についてもお聞きしました。

マスク、次亜塩素酸水による消毒は、ある程度定着しましたが、ソーシャルディスタンスは、自分だけでなく周りの協力も必要なため中々実施することも難しい行動です。そこで、株式会社スパイスワークスホールディングスは視点を変えてソーシャルディスタンス=距離を取る ことが目的ならば、ソーシャルウォール=遮断する ことで同様の危機管理を行うことができるのではと考え、既存品をカスタマイズした『ソーシャルウォール』の販売を決定しました。飲食店の各テーブルに設置するこのソーシャルウォールは、隣席との間を遮断します。また、店内の景観を損ねないように安価でカジュアルなものから、スタイリッシュなものと2種用意しているようです。現在はテーブル席用の仕様となっていますが、後にカウンター席用と仕様も増える予定です。

コロナ前とコロナ後、変化はありましたか?

「厚労省から「新しい生活様式」が発表されたとき、Withコロナ・アフターコロナに移行したときの、飲食店のあるべき営業の在り方が今までとは違ってくると思いました。 今までは、飲みにケーションをとる事を良しとされてましたが、しばらくは「飲みに行く/外食する」という行動が本人の意思だけでなく、当人と取り巻く、会社の人や家族の身近な方々の「心配」という規制が伴うと思いました。 飲食店にとっては、自粛後にすぐにご来店いただける「応援者」のお客様にお越し下さる事で肩身の狭い思いをさせてはいけないと考え、この飲食店で食事をすれば大丈夫と周りの方に納得してもらえる「安心の見える化」をしないといけないと思い、衛生面での配慮を怠らない様にしております。 主としては、ソーシャルウォール=遮断する ことで同じような危機管理を行う、メニューは使い捨ての紙タイプを検討、スタッフの消毒と入店時にお客様への消毒のお願いなどを行っています。」

今後Withコロナ、Afterコロナの時代について、貴社の目指す方向性を教えてください。

「大切なのは五感に訴える、「見える化」のリアルな営業。衛生に気を付けていることを視覚化する。 肌で感じる、今目にしている、そこにある情報全てが安心感につながり、飲食をそこでしていただけるのだと。 「目に見えないウィルスに脅威を感じるのだから、安心という目に見えないものを形にして、表せるものを作っていこう」今後の飲食業界の為になるであろう事を創造し、作ったのが「ソーシャルウォール」です。 飲食をしたい方には、3密への配慮した店内で、心配な方にはテイクアウトやデリバリーを導入して選択肢を広げる等食の提供の仕方を細分化して提供していく予定です。 他にもコロナにより打撃を受けている業界へも助けになるであろうツールも現在作成しております。」

企業サイトを見る

 


本サイトを運営しております株式会社WillSmartは事業立ち上げから企画・ソフト、ハードを組み合わせたソリューションの開発・運用サポートを提供しております。記事の内容や関連する事柄についてお聞きしたいこと、ご意見がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
※本ページでご紹介する支援策のお問合せは、各企業サイトへお問合せください。

お問い合わせページへ

メルマガでは、定期的(月に2度)にコンテンツの更新状況をお伝えする予定です。ご興味のある方は以下よりご登録ください。

メルマガ登録