1. HOME
  2. 役立つ記事
  3. 未来はこう変わる「超スマート社会」society5.0とは
役立つ記事

未来はこう変わる「超スマート社会」society5.0とは

役立つ記事

 「超スマート社会」society5.0とは、AI(人工知能)やロボットの働きによってあらゆる人が快適に暮らせる社会を目指し、2016年1月に日本政府で閣議決定された「第5期科学技術基本計画」に基づく未来社会の構想です。この決定後、多くの企業が「超スマート社会」society5.0に向けて、さまざまな取り組みをはじめています。
今回は、超スマート社会とはなにか、また日本政府が描く社会とはどのようなものか、実例を交え少し先の未来を一緒に想像してみましょう。

「超スマート社会」society5.0とは

日本政府は、第5期科学技術基本計画の中で、超スマート社会について以下のように説明しています。
”必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会のさまざまなニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といったさまざまな違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会”
(引用:内閣府「第5期科学技術基本計画」p.11)

 政府は、Society 5.0を推進することで、世界に先駆けて「超スマート社会」を実現することをめざしています。
ここでいう5.0とは、これまで人類が繰り返してきた社会変革を表す数字です。人の社会のはじまりである「狩猟社会」を「Society 1.0」として、「農耕社会」を2.0、産業革命後の「工業社会」を3.0、そして今日の「情報社会」を2.0、5.0はその次にあたる新しい社会を意味しています。
Society5.0では、超スマート社会の実現に向けて、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ビッグデータなどの最新ICTに関する研究開発を進め、それらをベースにして未来の社会が求める新しいサービスを生みだすことを目的としています。
IoTですべての人とモノがつながり、さまざまな知識や情報が共有されることで、今までにない新たな価値を生み出していくことをが可能になります。
また、AIを活用することで必要な情報が必要なときに提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術を用いて少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服されることも期待されています。

超スマート社会の実現でこう変わる!

交通

連日さまざまな場所で起こっている交通事故。あおり運転や高齢ドライバーによる操作ミスは社会問題にも発展しています。しかし、超スマート社会では、AIと自動走行車によって「交通事故ゼロ」「渋滞ゼロ」が実現されるかもしれません。
人が運転する際も、AIが周辺の交通量を鑑みて、目的地までの最適なルートを示してくれるようになります。これによりドライバーの負担は軽減され、周辺地域全体の交通量も最適化されることでしょう。また、自動走行車のカーシェアリングと公共交通のサービスを組み合わせ、AIによって運行を最適化することで、高齢化や過疎化が進む地域でも人のスムーズな移動が実現されると期待されています。

物流


これまで倉庫での作業は業務が煩雑で、業務過多からくる配送ミスや人手不足の課題が挙げられていましたが、超スマート社会では、荷物の荷卸しや保管、ピッキング、仕分け、積込といった作業の自動化が進展します。
ロボットが、パレット等への積み付けからピッキングした商品を梱包するところまで、全て自動で作業を進めてくれるかもしれません。
これにより作業の効率化、省人化が進み、倉庫全体の生産性が上がることが期待されています。また輸送関連では、自動運転やドローン配送の実現が考えられます。

農業


技術者の高齢化や農業人口の減少化で人手不足が深刻な農業。AIなど技術の力で、徹底した省人化やスマート化が実現されるでしょう。
たとえば、AIが気象情報や市場動向、食のトレンドなどを分析して、どの野菜をどれくらい生産して、いつ出荷するのが最も収益性が高いかなどのアドバイスをしてくれるようになるかもしれません。

また農作業の現場では、ロボットトラクターが農場を耕し、農業ロボットが自動で不良作物を間引いたり、雑草除去もしてくれます。仕分け作業もAIが行うことでしょう。体力的にきつい労働をロボットやAIが行うことで農業者の負担が軽減されれば、新たな農作物に着手する余裕が生まれたり、新たな雇用を生み出したりすることができるかもしれません。
さらに、農作物の配送も自動走行車の活用によって、コストや手間も大きく削減されると期待されています。

医療・介護

老々介護や地方における医師不足、医療従事者の過酷な労働が問題となっている医療の現場。
超スマート社会では、各個人の健康状態をセンサーによってリアルタイムに収集し、それをAIが分析、医師によるオンライン診療の需要が一層高まることでしょう。
また、独居高齢者の自宅や介護の現場では、見守りシステムが活躍し、高齢者の自律的なヘルスケアやセルフ介護、介護現場での人手不足の解消に貢献すると期待されています。

まとめ

さまざまな分野での想定ケースを見てきましたが、このようにAIや技術が進展し、私たちが”より質の高い暮らし”を実現できるよう目指すのが「超スマート社会」society5.0です。
技術が進化するスピードを考えると、10年後の未来でも不思議ではありません。AIの進出により、人間の仕事が奪われるといった懸念の声もありますが、テクノロジーを活用し人手不足などのさまざまな社会課題を解決することが期待されます。

合わせて読みたい!
世界各地で進む都市の進化ー「スマートシティ」の動向を追う 〜各地域の先行事例紹介〜


21世紀の企業が共有する一つのテーマである「Society5.0」。新たな社会の在り方を追求する取り組みの中で、一際高い注目度を誇るのが「スマートシティ」です。本記事では「スマートシティ」について先行事例を交えながら深掘りします。
▶︎もっと詳しく

メールマガジンに登録しませんか?

本サイトを運営しております株式会社Will Smartは公共交通・物流・不動産などの社会インフラの領域においてIoT技術やモビリティテックを活用したGX×DXの取り組みに注力しております。

メールマガジンではWill Smartの最新の取り組み事例やミライコラボのコンテンツ情報をなどお届けします。下記の登録フォームよりぜひご登録ください。

無料メルマガ会員登録