1. HOME
  2. withコロナ
  3. 東京工業大学 学術国際情報センター、スーパーコンピューターを用いた研究開発の展開とは
withコロナ

東京工業大学 学術国際情報センター、スーパーコンピューターを用いた研究開発の展開とは

withコロナ

東京工業大学 学術国際情報センターでは、スパコンTSUBAME3.0の潤沢な計算資源を、HPCIを通じて新型コロナウイルス感染症対応研究支援として無償提供すると共に、「新型コロナウイルス感染症対応HPCI臨時公募課題」の随時公募を行っていました。その反響と企業内での変化についてお聞きしました。

東京工業大学 学術国際情報センター、TSUBAME3.0を無償提供

コロナ支援対策における反響はありましたか?

「課題募集開始後、既にHPCIのウェブページで公表している通り、HPCI全体では11件、うち東工大では3件を採択し、研究を開始しております。

支援策を経て、企業内に変化はありましたか?

「引き続き、課題公募しておりますので、周知へのご協力をお願い致します。」

今後Withコロナ、Afterコロナの時代に向けた戦略を教えてください。

「スーパーコンピューターを用いた研究開発は、コロナに影響を受けることなく、今後ますます重要になっていくと考えられており、その発展に当センターも貢献できればと考えております。 」

企業サイトを見る

 


本サイトを運営しております株式会社WillSmartは事業立ち上げから企画・ソフト、ハードを組み合わせたソリューションの開発・運用サポートを提供しております。記事の内容や関連する事柄についてお聞きしたいこと、ご意見がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
※本ページでご紹介する支援策のお問合せは、各企業サイトへお問合せください。

お問い合わせページへ

メルマガでは、定期的(月に2度)にコンテンツの更新状況をお伝えする予定です。ご興味のある方は以下よりご登録ください。

メルマガ登録